論文の残滓

特許実務に関するあれこれ。何かあれば→ imperatorkm@じーめーる.com

JP Patent status and claim 1 of Broad's CRISPR-Cas9 Patents.

Broadの日本特許3件

 

特許第6203879号

【請求項1】
クラスター化等間隔短鎖回分リピート(CRISPR)-CRISPR関連(Cas)(CRISPR-Cas)ベクター系であって、
I. CRISPR-Cas系キメラRNA(chiRNA)ポリヌクレオチド配列をコードするヌクレオチド配列に作動可能に結合している第1の調節エレメントであって、
前記ポリヌクレオチド配列が、
(a)真核細胞中の標的配列にハイブリダイズする、10~30ヌクレオチドの長さを有するガイド配列、
(b)トランス活性化CRISPR RNA(tracr)メイト配列、及び
(c)tracrRNA配列
を含み、
(a)、(b)及び(c)が、5’から3’配向で配置されており、
前記tracrRNA配列が、50以上のヌクレオチドの長さを有する、
第1の調節エレメントと、
II. 真核細胞の核中の検出可能な量のII型Cas9タンパク質の蓄積をドライブするために十分な強度の、1つ以上の核局在化配列を含む前記Cas9タンパク質をコードするヌクレオチド配列に作動可能に結合している第2の調節エレメントと
を含む1つ以上のベクターを含み;
成分I及びIIは、前記系の同じ又は異なるベクター上に位置し;
前記ヌクレオチド配列が転写されると:
前記chiRNAは、前記II型Cas9タンパク質へと集合し、前記II型Cas9タンパク質と複合体を形成し、
前記tracrメイト配列は、前記tracrRNA配列にハイブリダイズし、
前記ガイド配列は、前記真核細胞中の前記標的配列への配列特異的結合を指向し、
それによって、(1)前記真核細胞中の前記標的配列にハイブリダイズされる前記ガイド配列、及び(2)前記tracrRNA配列にハイブリダイズされる前記tracrメイト配列と複合体形成している前記II型Cas9タンパク質を含むCRISPR複合体が形成される、
CRISPR-Casベクター系。

 

・II型CRISPR-Cas9

・ハイブリダイズの長さ限定

・tracrRNAの長さ限定

特許第6420273号
【請求項1】 エンジニアリングされた、天然に存在しないクラスター化等間隔短鎖回分リピート(CRISPR)-CRISPR関連(Cas)(CRISPR-Cas)ベクター系であって、 a)ガイド配列、tracrRNA及びtracrメイト配列を含む1つ以上のCRISPR-Cas系ポリヌクレオチド配列をコードする1つ以上のヌクレオチド配列に作動可能に結合している第1の調節エレメントであって、前記ガイド配列は、真核細胞中のポリヌクレオチド遺伝子座中の1つ以上の標的配列にハイブリダイズする、第1の調節エレメント、 b)II型Cas9タンパク質をコードするヌクレオチド配列に作動可能に結合している第2の調節エレメント を含む1つ以上のベクターを含み、 成分(a)及び(b)は、前記系の同じ又は異なるベクター上に位置し、 前記CRISPR-Cas系は、前記Cas9タンパク質をコードする前記ヌクレオチド配列とともに発現される2つ以上の核局在化シグナル(NLS)を含み、少なくとも1つのNLSが、前記Cas9タンパク質のアミノ末端に若しくはその付近に存在し、及び、少なくとも1つのNLSが、前記Cas9タンパク質のカルボキシ末端に若しくはその付近に存在し、 それによって、前記1つ以上のガイド配列が、真核細胞中の前記1つ以上のポリヌクレオチド遺伝子座を標的とし、前記Cas9タンパク質が、前記1つ以上のポリヌクレオチド遺伝子座を開裂し、それによって、前記1つ以上のポリヌクレオチド遺伝子座の配列が、改変される、 CRISPR-Casベクター系。

・II型CRISPR-Cas9
・NLSが2つ以上

・N末端、C末端にNLS一個ずつ配置

 

特許第6395765号

CRISPR複合体成分を含む組成物であって、
前記CRISPR複合体成分が、
I. CRISPR-Cas系ポリヌクレオチド配列(複数の場合も有り)であって、
(a)RNAを含み、ポリヌクレオチド遺伝子座中の標的配列にハイブリダイズし得る、エンジニアリングされたガイド配列、
(b)RNAを含むtracrメイト配列、及び
(c)RNAを含むtracrRNA配列
を含み、
(a)、(b)及び(c)が、5’~3’配向で配置されている、
CRISPR-Cas系ポリヌクレオチド配列、
II. II型Cas9タンパク質
を含み、
前記tracrメイト配列が、前記tracrRNA配列にハイブリダイズし、前記ガイド配列が、標的配列へのCRISPR複合体の配列特異的結合を指向し、
前記CRISPR複合体が、前記II型Cas9タンパク質であって、(1)前記標的配列にハイブリダイズされる前記ガイド配列及び(2)前記tracrRNA配列にハイブリダイズされる前記tracrメイト配列と複合体形成している、前記II型Cas9タンパク質を含み、
前記II型Cas9タンパク質が、黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)Cas9(SaCas9)である又はこれを含む、

 

・小型Cas9(SaCas9)