論文の残滓

特許実務に関するあれこれ。何かあれば→ imperatorkm@じーめーる.com

EP Patent status and claim 1 of Toolgen‘s CRISPR-Cas9 Patents.

執筆用メモ

 

ツールジェンの欧州特許(2019/02/22)

真核生物のデータを含めて初めてFileしたのはToolgen。

ただし、Sienceの論文公開後であり、全般的に進歩性?

ガイド鎖末端のGG付加がポイントか。

 

EP2912175:異議申立中(口頭審理未定)

1.  A Type II Clustered Regularly interspaced Short Palindromic Repeats (CRISPR)/CRISPR-associated protein 9 (Cas9) system for introducing double-stranded breaks into a target DNA sequence in a mammalian cell,

   wherein the Type II CRISPR/Cas9 system comprises:

       a. a Cas9 protein with one nuclear localization signal (NLS),

       wherein the NLS is at the C-terminus, or a nucleic acid encoding the Cas9 protein; and

       b. a single-chain guide RNA comprising a CRISPR RNA (crRNA) portion fused to a trans-activating crRNA (tracrRNA) portion.

 

・Cas9に1個NLSが付加された、sgRNAを利用するCRISPR-Cas9全般をカバー。NLS1個ついただけで進歩性をクリアというのが謎。

・第二医薬用途クレームの形式であるため、通常は解釈されない用途が解釈されている…?